いちのせのTCGブログ

カードゲームについて色々語ります。

【週刊TCGニュース】第17回 11/2-11/14 週間で全TCGの気になる話題を紹介!

こんにちは。いちのせです。

 

その週にあった全国産TCGの注目のできごとをまとめる記事、「週刊TCGニュース」の第17回の更新です。

 

先週お休みしてしまったので、今回は2週間分です。

これまでのニュースはこちら。

週刊TCGニュース カテゴリーの記事一覧 - いちのせのTCGブログ

  

それでは今週も見ていきましょう!

f:id:ichinose_tcg:20200726192647j:plain

【追記】特筆すべき情報がなかったTCGは省いています。

 

遊戯王OCG

デッキ投稿キャンペーンが開催!

やっぱりコナミは「RTキャンペーン」を一工夫してやっていて勉強になります。

全国一斉イベントのライブ中継が決定!

超注目のイベントですが、生放送も決定しました。

約5000人参加の一大イベントですが、ここで配布されるプロモの配布枚数が決まっているため、超高額カードとなることで注目です。配布枚数的に最低10万円はかたく、50万円ぐらいいってもおかしくないです。

遊戯王ラッシュデュエル

「マキシマム召喚」が登場!

すごい簡単に言うと、3枚並べてくっつけることで召喚する大型モンスターです。

意外と、遊戯王本家でも登場していなかった召喚方法です。

カードでの登場が楽しみですね!!

新商品が発売しました。

今回のレジェンドカードは「デーモンの召喚」です。 

ポケモンカードゲーム

レギュレーション落ちが発表されました

ポケカのカードには「A」「B」「C」…という感じで発売時期によってアルファベットが書いてあるのですが、その「B」までのカードが来年1月に使用禁止になることが発表されました。

「B」は、ポケモンカードが業界内で一気にシェアを駆け上がった2018年の商品「GXスタートデッキ」が販売したころのカードですので、そのころに始めたプレイヤーのカードが一気に使用禁止になります。

ポケカはレギュレーション変更という概念が浸透しているので、これによる大量離脱などはほとんどない…ように感じますがどうでしょう。

イベントでの感染者発生について

気になるひとは読んでみてください。

映画CDにプロモが付属!

岡崎体育」のカードが付くようです。

限定プロモ等が全体的に高騰中

ポケカの限定プロモや旧裏面カードなど、コレクション要素の高いものが高騰しています。これはプレイヤー需要ではなくコレクション&投資需要で、日本だけでなく海外市場へ計画的に流している個人or団体がいると思います。

気になった方は海外通販サイトなどで、日本の限定プロモなどを検索してみればわかります。

デュエルマスターズ

来年の「王来篇」新商品が商標出願で判明!

キングマスタースタートデッキ ジョーのスター進化

キングマスタースタートデッキ ジェンドルのディスペクター

「第1弾 王星伝説超動(レクスターズ・アンド・ディスペクター)」

商標から判明しました。

発売は3月下旬だと思いますが、デッキ2種と新パックです。

ジェンドルというのは新ライバルキャラクターだと思いますが、ディスペクターというカテゴリを使うみたいです。

 

レクスターズの「レクス」は、ラテン語で「王」の意味です。

つまり王の星という意味で、レクスターのようですね。

ディスペクターの「スペクター」は「幽霊・おばけ」といった意味です。

ディの部分はディスペクト(ディスリスペクト)との造語でしょうか?

 

いずれにせよ、十王篇はあっさり今年度で終わるっぽいですね。

超高騰商品の再販が決定!

予約が一瞬で終了し高騰し続けていましたが、発売前に再販が決定しました。

 マジック・ザ・ギャザリング

派生ゲーム「マナストライク」が終了。

マジックを原作にしたタワーディフェンスゲームの終了告知が出ました。

始まったのは2020年1月ごろなので、だいたい1年で終了となります。

元々評判は微妙だった気もするので、妥当でしょうか…。

児童支援につながる限定カードが販売。

企業のCSR活動、と言って良いのかわかりませんが、国外企業ならではの取り組みですね。ちなみにコナミタカラトミーバンダイTCG以外ではいろんなことやってますけど、カードでは珍しいです。

ついに英語版「ゼンディカー」が発売決定。

このブログを見ているような人は誰でも知っているような大事件。

発売前に禁止カード指定された「オムナス」が入っているパックです。

既に日本語版も特価状態で売り出されているパック。

いったい、どんな売上になってしまうんでしょうか。

バトルスピリッツ

メガデッキ情報が公開されました

バトスピで定番となってきた、超強力な構築済みデッキ

どちらも過去のアニメで人気だったデッキを基に、新規カードが収録されています。

ガンダムコラボの情報が公開!

デジモンカードゲーム

プロモカード付きTシャツが登場!

発売したばかりの第三弾が特価販売へ

第三弾は発売2週間で30~40パーセントオフでも在庫過剰、第四弾は予約時から値引き合戦が始まっているので、第四弾で盛り返さないと店舗での取り扱いは相当厳しい商材になってきている気がします。

今のTCGって、ハイレアリティ部分をどれだけ内容&種類数を濃くして価値を持たせられるかがパック販売では重要な要素になっているので、第三弾での「認知度低いデジモン大集合&原画家書き起こしのモノクロイラスト」は、かなり濃いファンにしか刺さらず、撤退したユーザー・ショップが多そうだなと思いました。(個人的感想です)

ヴァイスシュヴァルツ

映像ソフトにPRカードが付属。

あれ、直近の参戦で言うとReバースかと思ったのですが、WSなんですね。

2021年度日本選手権の予選がまもなくスタート!

Reバース for You

初ライブイベントでカード配布決定!

コロナの影響で告知がやっとなされたイベントです。

Reバースは声優との連動が一つの重要なポイントであるので、やはり今年はもったいないというか運が悪かった印象ですが、ここからさらに盛り上がってほしいです。

カードファイト!! ヴァンガード

特別構築ルールでの動画が公開!

簡単に言うと高レアリティを入れないで戦う対戦です。

このレギュレーションは確か2019年から言われていましたが、コロナもあってそこまで強く押し出していなかったルールです。

高レアリティが高すぎてデッキ組めないという根本の原因が露呈しているという穿った見方もなくはないですが、今後増えていくのでしょうか。

DAIGOのカードが公開!

ヴァンガード知ってる方にはもはやDAIGO実写カードは馴染みありますが、知らない方向けに載せておきます。

フューチャーカード バディファイト

最後の全国大会の情報が公開!

すでにサポート終了宣言が出されているバディファイトですが、新たなPRカードも登場するようです。最後までしっかりサポートがなされるようですね。

ウィクロス

新規オンラインイベントが公開

Lycee Overture リセ

新形態の商品が発売決定!

ChaosTCGに参戦したときも大人気だったタイトルなので、それだけでもかなり売れると思いますが、550円で6枚入りという強気仕様。1枚確定でキラカードになるようですが、どんな売上になるか楽しみです。

Z/X ゼクス

カード付きコミックスが発売!

アイドルユニットのグラビアブックが発売!

ちなみに「SHIFT」は現実でも活動する声優グループです。

オンラインイベントが開催終了!

この中でアイドルユニット「SHIFT」のライブや、新情報の発表などがなされました。ちゃんとお金取って成立するというところが、素晴らしいなと思いました。

ゼクスはカードゲームとしてはめちゃくちゃ始めるのが難しい部類のゲームですが、グッズ展開などでも売上を立てているTCGだけではないメディアミックスコンテンツとして、ファンがしっかり付いている印象です。

(超余談ですが、かつてガッツリやっていた者として個人的には、これだけキャラやストーリーに価値付けがなされているのだから、全部スタン落ちさせて0から簡単なゲームをもう一度始めても良いかなと思っちゃいますが。)

ファイナルファンタジー TCG

新商品が発売しました。

長い間延期となっていた新商品が発売しました。

海外でも根強い人気を誇るFFTCGですが、日本でも復興していくでしょうか。

12月に全国のショップでイベント開催決定!

予告されていたイベントの続報です。まだ正式じゃないのか…。 

ストクロニクル

復活商品が3月めどで発売!

既に6月ころだったか、情報が出ていたラスクロの新商品です。

まだ根強いファンが付いているので、発売が待ち遠しいですね。

NOVA TCG

ついに新弾のリストが公開!

発売をずっと延期していたNOVAですが、やっと現実味が出てきました!

まとめ 

2週間分なのでさすがに多かったですね。

1万字近くあるみたいですw

 

ところでこのブログでは同人TCGは取り扱わず、「企業の出しているTCG」のみ取り扱っています。同人まで行ったら膨大すぎるので。

で、「ゲートルーラー」はついに登記登録されて企業であることが確認できたので、発売後から取り扱おうと思います。

ちなみにルールのほうはもう9割ぐらい判明しているので、気になる人はブログごらんください。

 

「CELL」は企業化したので取り扱おうと思いますが、なんていうか企業としてどうやって売っていくのか、広めていくのかがよくわからずクラウドファンディングしかやっていないため、情報がまだ特にありません。

 

「サモン&マジック」については、取り扱いません。

11/11発売日だったのですが、公式HPがない、イベントは少人数の非公開完全招待制、販売が通販サイトのみ、通販の販売代表者の名前が、声優活動をしているイラスト提供者であるはずの女性と一致、唯一体験できるお店はいわくつきのボードゲーム店…などなど、「一般的なTCGとして販売する気が無い」と判断しました。

ちなみにあるルートで入手できそうなので、一度は遊んでみたいと思います!

 

さて、来週は給料日なので商品ラッシュが始まります。

↓みればわかりますが、久しぶりに遊戯・DM・ポケカが発売するヤバイ週です…。

 

 

ではではー。

 

来週11/16-11/22の発売予定

11/20 WS  ブースターパック「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」

11/20 ポケモン  イクラスパック 「シャイニースターV」

11/20 MTG ドラフトブースター 統率者レジェンズ 

11/21 DM レジェンドスーパーデッキ 蒼龍革命

11/21 遊戯王 ストラクチャーデッキ 凍獄の氷結界

※抜けているものがあればご指摘ください…

 

過去のオススメ記事

【Reバース】りばあすタイトルカップ振り返り。~後編 デッキ構築について~

こんにちは、いちのせです。

 

前編書いてからもう2週間経ってるらしいです。

すみません…。超話題TCGサモン&マジックの情報収集に熱中しすぎて…。

前編から読むのをオススメします!

優勝デッキレシピ

f:id:ichinose_tcg:20201107141031j:plain

フルホイルのチカラとりばあす全話見てることが勝因です。

デッキ全体について

今回のタイトルカップで勝つコンセプトとして、DEFを上げることを最優先事項としました。そのため4以下は1枚も入れていません。

この狙いは3タテを防ぐことにあって、りばあすタイトルで最も多いのがしちゅーであり、RRR有とR千春の通常ATKが5なので、デッキに5以下が多いと3タテされる可能性が高く、安定を求めて極力5以下を抜きました。5については、ブロッカー4枚、ドロー3枚、ピン除去千春4枚、RRR千春2枚は、DEF5でも入れたほうが良いカードと判断したので入っています。5以下全抜きも試しましたがデッキパワーが相当落ちてしまったので、良いバランスということでこの枚数に落ち着きました。

あとは考えられるのが最初のATKが+5される系が多くいて、デッキタイプの一つとして確立しているので、4.5が途中で降ってくると3タテされてしまうのでそれが嫌で抜きました。

 

今回、特徴の違うカードも極力入れたくなかったので、2コスピン除去を1枚も入れませんでした。これはりばあすタイトルに「いるだけでゲームが大きく変わる、必ず除去したい危険なカードが無い」と思ったからです。(こいしとか)

アステリズムと当たった場合は青を除去したくなりますが、そもそも除去しなくても基本的に勝てるかつ使用者も少ないだろうということで、想定しませんでした。

特徴がしちゅーだったら入れてると思いますが、しちゅーでないことによってデメリットを感じる瞬間が多かったので、抜きました。

それぞれのカードについて

私服の有 ×1

一回も変えたことはありません。理論無し。

 

Reバースプレイヤー 有 ×4

問答無用のりばあす最強カードなので、やはりこのカードを中心に考えました。2ターン目からでも効果が発動するのが本当に強くて、デッキには別特徴のカードを3枚しか入れませんでした。(3枚入れてしまった理由は後述)

 

連動貼られてたら出した方が良いですが、貼られてなくてもパートナーを寝かせてでも出した方が良いこともあります。例えばエントリーが3,6のカードだった場合、このまま殴ってPAしたほうが良さそうですが、耐久8以上を置いてターン終えることはとても重要で、このデッキだったら次ターン3タテされる可能性が大幅に減ります。ここの意識を後回しにしてると勝率が上がらないので、状況を見て出していきます。

 

串カツ屋の看板娘 千春 ×4

そこまで強い効果ではないですが、このカードプールでは申し分ない強さなので4枚。ドロー効果のほうが強いので、可能であればドローできる状態で連動したい。まぁこのゲームそんなもの読みきれないのでコンボできる時は積極的にします。ただ、手札が足りない時に回復Reバース引いてくると、大抵の場合エネルギーに置いてしまうので、運良くめくれた時ぐらいしか効果発動しませんけど…。高ステータスなのでOKです。

 

朝のひととき 有 ×4

何枚入れるか悩みましたが、岡崎 育美を入れたことでドローが安定したため、4枚入れることにしました。ATK3の個人的最低ATKラインも守ってるし、DEF8はこのデッキに相性良いので、減らす意味ももう感じないです。

 

お休みの時間 千春 ×4

私服の周子 ×4

ここは、しちゅー’sを組むなら減らす理由を感じないので、変えたこともなく。千春がDEF5なのが若干怖いですが、除去で1点止められてるので問題なし判断。DEF4の除去なら入れなかった。

 

ゴミしか釣れない? 有 ×4

耐久寄りデッキのためコンセプトに合っており、ここは思い切って4枚。…いや、もっと良いカードあったらそっち入れたいですがこのプールでは十分。これが相手ターンに降ってきた時が1番予想外の顔される気がします。なんと4枚入ってるんでね!

 

岡崎 育美 ×3

このデッキで最も悩んだし、最も価値が出た3枠。色んなカードを悩みましたが、しちゅー’sは基本的に派手な連動等が無いので引いてきたカード・めくれてカードで戦うことが多く、それをもう少し安定させるために採用しました。DEF5しかないためコンセプトに反しましたが、調整していくうちに、コレしか無いと感じたので育美2枚〜4枚をベースに他カード枚数を調整しました。結局3枚に落ちつきましたが、このデッキタイプの要だと言っても良いです。

 

お休みの時間 有 ×4

2コスATK3DEF6は最高のカードだと思っています。このカードはDEF5だったら4枚も入れていませんが、この効果でDEF6は破格の強さなので4枚採用です。(もしのびしろで2コスト3,7がいたらそっち入れても良いですが。)

自分のターンに全除去された後に降ると1パンできる!

 

東山 有 ×4

2コスATK3DEF6!!4枚採用!!!

手札から出すのはよほど余裕がある時でしかやいめすが、実際このATK+1が勝ちに繋がる場面はとても多いので、Reバースプレイヤー千春が本領発揮してない時でも機能してくれる優秀なカード。

ATK2だったら採用してないかもしれないですが、3あるのでとても強い。

 

Reバースプレイヤー千春 ×2

こちらはサインカードなので4枚入れてデッキ金額を高めることはメリットあるなと悩みましたが、結局2枚にしました。お金が無くなったわけではないです!!!

ここまでに書いた通りATK2DEF5というのはデッキの弱点となるので、極力入れたくない。そして特徴縛りの本領発揮6は意外と発動が難しく、仮に別特徴のカード10枚入れたらもう弱いカードだと思った方が良いと思います。というわけで調整に調整を重ね、別特徴3枚のみ構築に辿り着き、これなら入れても良いと判断したので2枚。それでも2枚。

 

GoGoしちゅー’s 千春 ×4

低ステータス入れないコンセプトに反するので4枚採用するかかなり調整したのですが、岡崎 育美を3枚入れてドローを確保することで、投入を決めました。ドロー無いなら入れなくて良いんじゃないですかね。

耐久よりにしているので1枚握っていれば高確率で相手の攻撃をPAの1点で抑えられるので、やっぱり強かった。

 

目指せ全国大会! ×4

串カツ屋の看板娘 ×4

ここは思考停止感ありますが、どちらも高ステアタッカーと連動できるので不動の採用。このデッキタイプなら他に選択肢はなかったです。

無理矢理に後付けで語るなら、全除去については、前述しましたがピン除去が必要ないタイトルだと思ったので、除去が少ないため、除去するなら全部除去して1ターン相手の自由を奪える全除去Reバースで良い。

回復については、高耐久力にしてる分、1回復の価値が他のデッキよりも大きく、他のデッキだと回復した後に低ステがめくれて結局1点取られることがありますが、そこの可能性が低い。

 

まとめ

勝ったから、一応書いてみました!負けたら書いてないですネ!

f:id:ichinose_tcg:20201107135808j:image

 

ではではー。

 

過去の記事 

【週刊TCGニュース】第16回 10/26-11/1 週間で全TCGの気になる話題を紹介!

こんにちは。いちのせです。

 

その週にあった全国産TCGの注目のできごとをまとめる記事、「週刊TCGニュース」の第16回の更新です。

先週までのニュースはこちら。

週刊TCGニュース カテゴリーの記事一覧 - いちのせのTCGブログ

  

それでは今週も見ていきましょう!

f:id:ichinose_tcg:20200726192647j:plain

【追記】特筆すべき情報がなかったTCGは省いています。

 

遊戯王OCG

新パックが発売しました。

 

公開当時からエモさがかなり話題になっていた商品がついに発売です。

かなりの初週売り上げ数が期待できそうです。

(小ネタ)数学の勉強ができるカードが登場

遊戯王ラッシュデュエル

プロモ付きブルーレイ発売!

ラッシュデュエルのブルーレイには毎回プロモが付くようです。

ちなみにこのカードはパック収録のパラレルカードです。

ポケモンカードゲーム

珍しいバインダー商品が発表!

なかなか勇気ある商品が発表されました。

新規イラストのプロモカード1枚+既存パック4種+カードファイルで、1980円の商品のようです。カードは既存テキストなので、キャラグッズとしての人気が高いための商品でしょうか?

デュエルマスターズ

新フォーマット「オリジナル」が発表!

要約すると、「外部デッキを使わない40枚デッキのみでの対戦」をするフォーマットが誕生します。

また、これまでのいわゆる禁止制限アリルールである「殿堂レギュレーション」は「アドバンス」へと名称変更がされます。

 

サイトにはこれについての細かい内容が書かれているので、ぜひ原文をお読みください。

公認大会でもCOCOA導入のお願い。

各店舗で実際にチェックはわざわざしていないと思いますが、「入れることをお願いした」という事実が重要な案件なのかなと…

 マジック・ザ・ギャザリング

日本選手権2020秋が開催!

これを書いているときは優勝が決定していますが、MTGはずっとオンラインで大型大会開いていて盛況ですね!

新規オンラインイベントが開催決定!

ドラゴンスター主催の大会です。

こちらもネット通話によるリモート対戦ではなく、オンラインで開催します。

 

ところで、禁止カードの件での公式発表の文章にもありましたが、やっぱりMTGはもうアリーナが主軸になっていくような気がしてしまいますね…?

バトルスピリッツ

新商品が発売しました

 新カードシステム「創界石」が追加された、アニメ連動の新弾です。

オンライン対戦システムが稼働開始!

この前にテストを行っていて、このブログでも紹介していたシステムが開始されました。ただのディスコードサーバーの設置ではなく、マッチングシステムなどもありかなり使い勝手が良いとのことで、今週の土日で多くの方が使っていたようです。

バトスピ、デジカの公式キャラクターが参戦してオンラインで対戦できるイベントを開いていて、バンダイTCGプレイヤーにはうまく浸透していきそうです。

 

ポケモン、デュエマは大型大会の復活に舵を取ったので、それとは対照的なオンライン対戦システムですが、今後はリアルとオンラインが同時並行するようなTCG対戦様式になっていくのかもしれません。

デジモンカードゲーム

新パックが発売しました。

ついに第三弾が発売しました!

依然としてショップ大会の人数も多く、コアユーザーの盛り上がりを感じるタイトルですので、11月の新デッキ3種と合わせて新規ユーザーが増えていくのかに期待です!

ヴァイスシュヴァルツ

新パックが発売しました。

既存デッキの再編集版が発売決定!

アニメ開始前に発売していたトライアルデッキに、新規カードを9種加えての新商品が発表されました。WSとしては新形態の商品です。

9種も加えたら再販どころか完全新商品という感じですが、ver2ではなくre:Editという形で販売するそうです。 

Reバース for You

DECK LOGがリニューアルしました。

いや、そうなんですよ。最初からそれでよかったのに…と思ってしまいますが大会シーズンに間に合わせるために先行配信していた感じでしょうかね。

カードの検索ができなくて全カードプールから目視で探すということになってたんですが、属性やテキストで検索できるようになりました。 

カードファイト!! ヴァンガード

1月発売商品の再録リストが公開!

ブシロードでは珍しい再録パック商品ですが、かなり早い段階で再録リストが公開されました。ユーザーへの配慮ということでしょうか?

比較例でいえば、ポケカは11月20日発売の再録商品についてカードリストを公開したりはしていないので、再録カードの価値についての考え方の違いなのかもしれません。

Lycee Overture リセ

新パックが発売しました

プレシャスメモリー

参戦タイトル発表!

まだまだプレメモ続きそうです!

 全国大会が復活!

これまで地方大会だけ続けてきましたが、ついに全国大会の復活が発表されました。

Z/X ゼクス

オンラインステージイベントの情報が公開!

ウィクロス

新商品の情報が公開!

3か月連続での新商品発売が発表されました。

12月にはにじさんじコラボ商品、1月には新シリーズデッキが発売します。

アニメ新シリーズ開始でガラッと変わり、新規プレイヤーが増えるといいですね。

まとめ 

今週は商品の発売が多かったので、ショップは盛り上がっていましたね!

 

新情報としては、やはりデュエマの新フォーマットでしょうか。あるようでなかったと形式で、自分たちで出してきたカードをある部分裏切る形のフォーマットなので、どのくらい使用されるのか不明ですが、子供にとっては覚えやすい、お金がいらないルールなんじゃないかと思います。アニメもいま全然ガチャレンジしないですし。

 

あとはバンダイTCGコネクト

一度やってみればわかると思いますが、ただの「ここで自由に遊んでくださいね」のディスコードサーバーとはワケが違って、自分が遊びたいレベルの他プレイヤーとマッチングできる(もちろん完ぺきではないけど)ので、とても面白い試みです。

今後公式大会なども開かれるのでしょうか?楽しみです。

 

ではではー。

来週11/2-11/8の発売予定

11/6 VG   ブースターパック第12弾 「天輝神雷」

11/6 FF  ブースターパック 「クリスタルの目覚め」

11/6 MTG ドラフトブースター 統率者レジェンズ 

※抜けているものがあればご指摘ください…

 

過去のオススメ記事

【デジカ】ユニオンインパクトのカートン封入率3パターンを解説!【第三弾】

こんにちは、いちのせです。

 

デジカ3弾ユニオンインパクト発売しましたね!

f:id:ichinose_tcg:20201031205538j:plain
 

僕もこれまでと変わらずカートンを買ったので、結果報告です。

 

f:id:ichinose_tcg:20201031210020j:plain

 

1/3パターンの当たりカートンでした! 

 

…何が1/3かって?

前回の2弾カートンと同じく、今回のユニオンインパクトも、パラレルのパターンが3パターンしかありませんでした。

 

ちなみに前回のブログはこちら↓

 

今日は、第三弾の組み合わせ内容について書きたいと思います。

前提情報

【BOXの設計】

1BOX24パック入り。

1BOXには必ずシークレットorパラレルが1枚封入。

 

そのほかSRが3枚or4枚封入。

※カートン12BOXのうち、「3枚」のBOXが半分、「4枚」のBOXが半分なので、確率は50%です。

【カートンの設計】

1カートン内12BOX入り。

カートンにはシークレット2種×2枚+パラレル8枚が必ず封入。

シークレットパラレルは「1枚」or「2枚」封入。

 

このパラレル8枚という部分にパターンがあり、全部で3パターンです。(後述)

パラレルパターンの内容

  • Aパターン Alter-S、ラグナロードモン、青インペリアルドラモン、クーレスガルルモン、緑インペリアルドラモン、マスティモン、ドュフトモン、クレニアムモン
  • Bパターン Alter-S、ラグナロードモン、青インペリアルドラモン、クーレスガルルモン、リリスモン、ブリッツグレイモン、ケレスモン、スレイプモン
  • Cパターン 緑インペリアルドラモン、マスティモン、ドュフトモン、クレニアムモン、リリスモン、ブリッツグレイモン、ケレスモン、スレイプモン

前回と同じく、Twitterで確認したり、友人の情報を集めたところ、この3パターンしか見つからなかったです。

赤ブロック青ブロック緑ブロックの3つが組み合わさって、計3パターンです。

全3パターンの出現確率

これは知人の情報とTwitter開封結果を報告している人の集計です。本当の確率は不明ですが、まぁだいたい計れるかと思います。

 【全20カートンの確認結果】

Aパターン(シクパラ2枚)…8カートン

Bパターン(Alterパラ)…4カートン

Cパターン(緑インペパラ)…8カートン

 

また母数は少ないですが、Alter-sパラのみが当たるカートンが一番少なかったです。とはいえこれが全てではないので、あくまで参考程度です。

言えることは、シクパラ2枚当たる確率は低くないということです。(たぶん)

まとめ

2弾でシクパラ「0枚」or「2枚」という大博打パターンしかなかったですが、今回は0枚パターンはありませんでした。まぁそのほうがいいですよねw

ただやっぱりカートン開封の途中でパターンがわかってしまうので、店舗としてははずれBOXがすぐにわかってしまうという…。

 

3弾はかなり色んなタイプのカードが増えたので、構築も対戦もめちゃくちゃ楽しみです!!!

 

ではではー。

 

過去のオススメ記事

 

 

 

【無限ループ?】カードゲーマーによるGoToイート解説ブログ【コントロール?】

【11/13】追記。

現トップ環境が決まったので表を載せました。

 

はじめに。

このブログはカードゲーマーにもGoToキャンペーンが爆アドだということを知ってもらいたく、書くことにしました。

…いま使った「アド」という言葉がもう古い気がしなくもないですがカードゲーマーにわかりやすい言葉をたくさん使っているので、カードゲーマー以外は見ないでください!!!

 

今回のキャンペーンは、よくあるポイント乞食みたいなことではなく、政府が経済を動かそうとして全国民に奨励しているキャンペーンです。

なので「利用しないにしても、そもそもその情報を知ってから、利用しないことを選択するでも良いんじゃない?」

という考えの元、このブログを書いていきますよ。

 

 

GoToキャンペーンとは?

そもそもを簡単に説明すると、「国民がお金を払う代わりに政府が払ってくれるよキャンペーン」です。このままだと経済が死んで失業者がとんでもないことになるので、感染リスクを抑えたうえで、外に出てお金を使おうということです。

  • 格安で旅行できる「Gotoトラベル」
  • 飲食店で得する「GoToイート」
  • チケットが安くなる「GoToイベント」
  • 商店街を復興する「GoTo商店街」

の4つのキャンペーンに分かれていて、様々な方法で特典を受けられます。

 

で、今回はこの中の最も身近な「GoToイート」について解説したいと思います。

GoToイートとは?

「GoToイート」は、ネット予約をできる知能がある人は絶対使ったほうが良いのですが、なかなか知られていません。

普段からいつも外食をしていない人は別に行かなくてもいいかもですが、せっかくなら得をしたいところ。

基本情報

GoToイートの使用方法は簡単に言うと次の通りです。

  1. 予約サイトから予約する
  2. 来店して食べる
  3. 昼なら500円×人数分、夜なら1000円×人数分のポイントがもらえる
  4. 次の予約の際に、もらったポイントを使う

 ↑とりあえずこれだけわかればOK。

それぞれもう少し詳しく説明します。

1.予約サイトから予約する

予約サイトというのは「食べログ」「ぐるなび」などの飲食店予約サイトのことです。

GoToイートのキャンペーン分のポイントは一律「昼500夜1000」なのですが、さらにそれに加えて各サイトでいろんなキャンペーンをやっています。

 

例えば。

【ぐるなび - レストラン・宴会予約 グルメ情報サイト 

メリット:

・GoToとは別で独自ポイントが追加でもらえる。

楽天ポイントがたまって買い物ができる。

・サイトがわかりやすい。(主観)

f:id:ichinose_tcg:20201026190214p:plain

本当はいくつかのサイトを使い回したほうがお得ですが、僕はぐるなび使ってます。

なので今回はぐるなびで解説しますが、他サイトでも全然OKです。

予約サイトの比較ブログは↓がわかりやすかったです。

iga-link.com

2.来店して食べる

来店したときに「ぐるなびで予約した●●です」と伝えるとスムーズ。

逆にこの時に予約したことを伝えないと、お店側の処理ができないので絶対言ってください。「宣言してなかったですよね!!巻き戻しはできませんよ!」ということになってしまいます。

 

で、普通に食べればいいわけですが、一つルールがあります。

昼なら500円×人数分以上、夜なら1000円×人数分以上食べてください。

最初はこのルールがなく、100円だけ食べて帰っても1000円分ポイントがもらえる公式裁定が出てしまっており、速攻でルール変更がなされました。

テストプレイうまくいってなかったんでしょうね。

 

あとは普通に食べて普通に支払うだけ。

2回目からはここに「ポイントを使う」というプレイングが入りますがそれは後述。

3.ポイントがもらえる

さて、キャンペーンポイントの反映には数日かかるので、いったん待ちましょう。後日、ポイントが入ります。サイト・店舗によって何日かかるかは違うようですが、ぐるなびは一週間ぐらいかかるかもです。

f:id:ichinose_tcg:20201027010005j:plain

10/15に行って10/23にポイント付与。ちょっと遅いですね。

 

もちろん、この期間に他のお店に行ってOK。

どんどん行きましょう。

4.次の予約の際に、もらったポイントを使う

ここからが各個人のプレイング次第で変わる部分です。

 

さて、このキャンペーンのキモの部分を今から書きます。

店内飲食に関する会計金額が、本キャンペーンにおける付与ポイント数を超えた場合に限りポイント付与の対象となります。
※会計金額は利用したポイント数を差し引く前の金額となります。

 (GoToキャンペーン総合ルールより)

 

え?

赤文字の部分マジ??

 

仮にいま1000ポイント持っているとします。

これまでと同じようにサイトで予約する際に、「ポイントを使う」という項目で1000ポイントを消費するように選択します。

 

そしてお店に行って、1200円の食事をします。

会計時に「ぐるなびで1000ポイント使用で。」と伝えると、会計から1000円引かれます。なので200円払って「対戦ありがとうございました。」と言って去ります。

 

すると。

200円しか払ってないのに1000ポイント付与されます。

 

『対象となる「会計金額」はポイント割引を差し引く前』という公式裁定が出ているし、わざわざ※印で記載されているぐらいなので、推奨されている方法なんです。

GoToイートのTier1環境

じゃあこれを使うための例として現環境のTier1を紹介していきます。2020年10月25日現在では使うことができますが、政府の禁止制限改定があるかもしれません。

※もちろんふざけて言っているだけなので環境なんてないです。あくまで代表例です。自由です。

 

・居酒屋コントロール

これは最も簡単ですが無限ループとかではなく、単純に人数×1000円分安くなるだけですが、一般的な使用方法です。

例えばアキバのラジオ会館。(東京以外の方すいません)

f:id:ichinose_tcg:20201027002927p:plain

アキバは意外と対象店舗が多く、居酒屋もあるしステーキ屋とかもあります。

大会終わった後に数人で食事に行くことももう増えてきたのではないかと思いますが、そういった時に、行く直前でも予約すれば、大幅に安くなります。

それでもちろん大量に食べてもいいですが、GoTo狙うなら、1人最低1000円分食べれば条件達成です。

 

4人で行って6,000円食べたら、4,000ポイントもらえるので、実質1人あたり500円です。(もちろん予約者一人にポイントが入るので、上手くわけましょう。)

  

・せんべろワンキル

「せんべろ」は「千円だけでべろべろに酔える」という意味の言葉で、ここ数年で流行したメニュー方式です。

だいたいが「ドリンク2杯+おつまみ2種」とかで、各店が用意しています。千円だけ払って帰るという、馴染み無い人には一見害悪プレイのように見えますが、GoTo関係なくお店側が用意しているプランです。まぁお店的には追加メニューもオーダーしてもらえると嬉しいはずですが。

 

前置き長くなりましたがお察しの通り、1,000円払って1,000ポイントもらっておしまい。そして次の来店で1000ポイント使って実質無銭飲食。以下ループ。という、ホントにやっていいのかわからないワンキルプランになってます。

 

例えばこの中野や高円寺にあるお店。

f:id:ichinose_tcg:20201027010634p:plain

f:id:ichinose_tcg:20201027010636p:plain

 

「いや、乞食すぎて恥ずかしいやろ…」と考える人もいるとは思いますが、お店側が推奨していてTVでも紹介されました。

僕もこのお店で利用したわけではないですが、せんべろプランで千円だけ払って帰ったことは全然あります。地方だとそれでハシゴ酒するのは一般的なイメージあります。

  

くら寿司無限ループ

これは環境内で猛威を振るっており、禁止候補の筆頭です。(繰り返しますが不正・違法ではないので、単純に予算が早期終了する可能性があるためです。)

くら寿司といえば、サポート終了してしまいましたがオリジナル本格カードゲーム「回転むてん丸TCG」の展開や、Z/Xへの参戦タイトルであるなど、カードゲーマーに最も馴染み深い寿司屋ですよね。

 

f:id:ichinose_tcg:20201027004700j:plain

正確に言うと「EPARK」という予約サイトからの対象店舗だとある程度近いことができるのですが、ポイントを使える場所が限られており、最も効率良くためる&つかうのコンボができるのがくら寿司という感じです。

 

居酒屋ではないので金額のコントロールが簡単、寿司以外もメニューが豊富、ファミリーで行きやすい、ということで爆発的なシナジーを生んでいます。

上の写真は、くら寿司に行くと席に置いてあるチラシですが、ループすることが推奨されているんですよね。わざわざループしてるイラストまで入っている。

 

【11/13追記】

なんとくら寿司だけでなく、ココス等のレストランでポイント使い回しできるようになりました。僕はくら寿司とココスを日替わりでループしてますが、意味がわかりません。

11/13現在のTier1環境リスト

もちろんここ以外にも色んなデッキタイプがあるので、地域によって環境は異なります。自分の近所で勝てるような戦略を目指しましょう。

f:id:ichinose_tcg:20201113131236j:plain

さいごに

本当はもっとオススメのお店とか紹介したいのですが、それぞれの地域で対象店舗も違うので意味ないなと思い、簡単に終わりました。

予約サイトで、自分の住んでいる地域のお店を探してみてください。

 

ちなみに僕は先日、中華料理屋でポイント使って差額の60円だけ払って帰りました

正直レジでそれやる前はちょっと恥ずかしかったですが、キャンペーン対象店舗のレジではそれが日常茶飯事に起きているので、一度やってしまえば慣れます。

…いや、カッコイイとかではなく、恥ずかしくないので国の政策にのっかって飲食店にお金を落としましょう!という意味ですよ。

 

あとは家の近所にくら寿司があるので、日に日に来店者層が無限ループの凶悪性に気付き始めていることを実感していて、さすがにどこかで早期終了するんじゃないかと思ったり。

GoToイートは年齢制限とかないので、中学生4人とかで夜に集まって来店したら、4000円まで実質タダで食べられる。中学生の時に4000円値下げって言われたら友達と毎日行っちゃうレベル。このまえも中学生?3人だけで鬼滅コラボメニューを食べまくっているのを見かけました。一番恩恵を得ているのは、中高生ぐらいの自分で自由に払うお金がない世代かもしれません。

 

また、ややこしくなるのと乞食感が出てくるので紹介しませんでしたが、GoToイートでもpaypayやaupayなどの決済が使えるので、そちらのキャンペーンと併用するともっと実質値段が安くなっていきます。というか上手くやればプラスが生じていきます。

 

最後に、今日紹介したのはGoToイートの方法ですが、旅行好きの人には絶対にGoToトラベルおすすめします。本当におかしいくらいの値段で行けます。ショップで遊ぶのもいいけど旅行いこう。GoToは一生に一回だよたぶん。

この前は広島に往復交通費込みの2泊3日で約2万で行ってきました!

普通だったら、東京から広島で片道交通費だけで1.8万円です。おかしい。

 

いまは大会遠征とかはあまり無い状況ではありますが、遠方のカード仲間と旅行するのもアリだと思いますよ!

 

ではではー。

 

過去のおすすめ記事

 

【週刊TCGニュース】第15回 10/19-10/25 週間で全TCGの気になる話題を紹介!

こんにちは。いちのせです。

 

その週にあった全国産TCGの注目のできごとをまとめる記事、「週刊TCGニュース」の第15回の更新です。

先週までのニュースはこちら。

週刊TCGニュース カテゴリーの記事一覧 - いちのせのTCGブログ

  

それでは今週も見ていきましょう!

f:id:ichinose_tcg:20200726192647j:plain

【追記】特筆すべき情報がなかったTCGは省いています。

 

遊戯王OCG

生放送の告知RTが3.4万…。

現在高額で売買されているカードのプレゼント企画を実施しているためRT数がとんでもないことになっています。

このブログとしては、何が言いたいかというと、単なるRTキャンペーンではなく、生放送の宣伝RTと一緒にすることで、さらなる宣伝効果が得られていそうです。各社そこまで同じことをやっていなかったりします。

ポケモンカードゲーム

新規カードがついた商品が発売しました!

「VMAXスペシャルセット」の付属カードはかなり高額で取引されています。

これまでの商品パック詰め合わせに新規カードが2/4で入っているという一見謎仕様の商品でしたが、新規カードがこの商品の定価以上で取引されているため、新規カードが当たると実質8パックがほぼ無料で手に入るという商品になりました。

そのため生産数が少ないのか転売対象商品としてもかなり盛り上がってしまっているようです。

デュエルマスターズ

ド派手すぎるデュエマのコラボ商品が発売決定!

f:id:ichinose_tcg:20201026180639j:plain

主張が激しすぎるんじゃあ…

もう予約開始されてますのでお早めに!?

最新パックが発売しました。

発売前から通販サイトで値段が大きく定価を割るなどやや心配されていた商品で、現在も未開封商品は低下を割って手に入ります。

しかしその状況でもシングルカードは高騰し、話題となっています。

各ショップの買い取り価格が上がっているため、ショップが「このパックを売るにはこのカードを高値にして売らざるを得ない」というような状況を作り出すことに成功した気もします。 

マジック・ザ・ギャザリング

チャリティー企画商品が販売決定!

いつものように販売期間が短いので購入したい方はお早めに。

バトルスピリッツ

新商品の詳細情報が公開!

営業資料の情報が公開されました。

デジモンカードゲーム

受注限定プレイマットのデザインが公開!

どうやらファンからは賛否両論のようです。難しいですね。

ヴァイスシュヴァルツ

使用制限ルールの変更告知の告知。

Reバース for You

大注目商品が発売延期に。

間違いなくReバースの最重点パック商品ですが、発売延期になってしまいました。

おそらく理由は「多くのご注文をいただいたため」では無いと思われますが、のっぴきならない理由があったのでしょう。

なおこれにより、ウィクロスにじさんじコラボパックの前日発売となりました。

新商品が4つ発売しました。

ちなみに前回の販売でかなりの欠品状態を巻き起こしたホロライブ関連商品ですが、今回はかなりの量を作ったのか、そこまで入手困難な状況ではない様子。

Reバースのプレイヤーはみるみる増えていっているので、前述のブースターパック延期は痛いですが、ここがチャンスだと思います。

カードファイト!! ヴァンガード

新大型イベントの開催が決定!

公認店舗で開かれる店舗主催の各CSに、色んなサポートをするイベントです。

既に遊戯王やデュエマ等では、公式が手をかけずに全国各地で大会が開けるこういった方式が盛んです。

なかでもブシロードは他メーカーと違って、自分たちだけで地区大会等を開くノウハウを持っているのであまり実施されてきませんでしたが、今後はこのいわゆる「公認CS」パターンも増えていくのでしょうか。

11月より店舗にて10周年キャンペーンが開催!

新らしく総集編商品の発売が決定!

ユーザーの中で「ヴァンガード終わる布石では?」ということも囁かれてしまっている商品ですが、遊戯王ポケカではよくある「再録+新規α」の商品のようです。

ブシロードはこれまでこういったタイプの商品をあまり出してこなかったので、その意味でも注目が集まっています。

Lycee Overture リセ

秋季の店舗予選・エリア決勝の情報が公開!

リセはイベント関係がめちゃくちゃ元気です。

ところで今年の「秋」っていつだったんでしょう。

もう冬の気温な気がしてます…。

プレシャスメモリー

新ブースターパックが発売しました。

Z/X ゼクス

新ブースターが発売しました

新ルールや新カードタイプが登場したパックです。

僕は昔Z/Xをプレイしていたのでギリギリついていけるのですが、専門用語が多すぎてルール把握がかなり困難で簡単にも説明できないので、ここにも書きません。

気になる方はHPをごらんください。

ブースターパック 異界探訪編 夢幻<イデアドライブ> | Z/X - Zillions of enemy X - ゼクス公式サイト

店舗での購入キャンペーンも開催

ファイナルファンタジー TCG

豪華景品のショップ大会が開催決定!

コロナ期間中に大会景品として制作済みであったアイテムを放出する意味も込めたイベントのようです。かなり豪華ですね。

新パック商品の発売が迫っているなか、盛り上がってきてます。

ゲームデザイナーのインタビューが公開!

MYGプロとしてあまりにも有名な、通称:ヤソ氏へのインタビューです。

ファイアーエムブレム サイファ

プロモカード情報が公開!

これ書いているときにはもう発売済みですが、まだサイファは現役!

カードイラストアクリルパネルの販売が開始!

これ、めちゃくちゃいいですね!

サポート終了するカードゲームでも、こういった形でグッズ化することでまだまだ収益を上げられるということをサイファを見て感じています…! 

まとめ 

今週は商品の発売が多かったですが、なかでもポケモンカードのセット商品が話題としては大きかったと思います。新カード2枚だけでここまで盛り上がるというのは、カード環境がどうとかではなく、見せ方・売り方に成功しているのかなと思います。

…ちなみに既存パック詰め合わせセットだったため前週ブログの発売予定には入れ漏れておりましたw

 

さて、来週はデジモンカード第三弾の発売です。

個人的には好きなので期待大なのですが、客観的にみるとデジモンカードは失速が顕著で、第一弾でかなり盛り上がったものの、第二弾では定価割れでかなり在庫が残っており、第三弾も発売前からそこまで業界としては盛り上がっていない印象です。

また、僕はこのブログを書いている関係で、各TCGの速報系Twitterアカウントをよくチェックしているのですが、デジモンカードの速報系アカウントは通販商品値下げの速報みたいになっているものもいくつかあり、商品のマイナスイメージをユーザー自ら広めてしまっているような感じがします。

新商品どうなることやら。

(ちなみに、値下げの告知を出すのは、自分のサイト経由で買ってもらえればアフィリエイト収益を得られるので、他のアカウントよりも速報で出すことに意味があります。僕もブログにアフィリエイト広告を貼ることもあるので否定はしませんが。)

 

ではではー。

来週10/19-10/25の発売予定

10/30 デジカ ユニオンインパクト 

10/30 WS ブースターパック「Summer Pockets

10/30 リセ ブースターパック「 Ver.ビジュアルアーツ 3.0 」

10/31 BS  転醒編 第3章 「紫電一閃」

10/31 遊戯王 ブースターパック「BLAZING VORTEX」

※抜けているものがあればご指摘ください…

 

過去のオススメ記事

宣伝記事

【ゲートルーラー】手札の無いカードゲーム!TCGマニアの真剣ルール考察。

【11/13更新】

 

こんにちは、いちのせです。

今回は話題の新規TCG「ゲートルーラー」について、判明している情報からルールについて導き出したいと思います。

 

このブログは2020年10月22日 11月13日までの情報で書いています。

僕はこのTCGと一切関係がありませんので、100%すべてが真実とは限りません!

全国産TCGについてニュース記事を毎週書いていたり、某大型イベントで「全TCG講習会」とかいう頭おかしい企画で参加させてもらったりしているただのTCGマニアです。

 

 

基本ルールについて

勝利条件…相手のルーラーのHPを0にすること。HPは固定のものではなく、各ルーラーの左下に書かれている数字によって決定します。

ダメージをくらうとデッキの上から1枚ずつ、表向きでダメージゾーンに置きます。

 

手札からユニットカード(モンスターなど)やイベントカード(魔法など)を場に出して戦います。

手札からカードを出す際には、場においてある3枚のエネルギーを横向きにすることでコストを支払って場に出します。

また、中にはコストを支払わない召喚方法も存在します。

 

デッキの枚数は、ルーラーによって異なります。

40枚のルーラーもあれば、上限が無いルーラーもあります。

また、レジェンドカードというものがあり、強力なカードはデッキに1枚しか入れることができません。遊戯王ラッシュデュエルやDCGのレジェンドカードですね。

 

実際のゲームの流れについては、下の「フィールド」「カードの種類」を説明してから、解説したいと思います!

 

…ちなみに手札は、あります。すいません笑

手札がない戦い方が存在するのですが、それは次の項目で説明します。

フィールドについて

f:id:ichinose_tcg:20201022174920j:plain

なんだかカード置き場がたくさんありますね。

ただ実は場所が特殊なだけで、数はそんなに多くないです。

 

ユニットゾーン(正式名称不明)

まずユニット置き場が3つあります。

「センター」「レフト」「ライト」とあります。

これはバディファイトを思い起こしますが、実際に後で説明しますがルールも一緒で、センターのユニットが破壊されてしまうと、自分は相手のダイレクトアタックを受けてしまいます。逆にセンターが破壊されなければ、自分はダメージを受けません。

ただしバディファイトと違って、センターにモンスターがいても、ルーラーが攻撃できます。ルーラーの打撃力が結構高いので、ルーラーでバシバシ殴るゲームです。

※ちなみにそんなことは現状発表されていないので、公開カードから推測している予想です。でも合っていると思います。

セットゾーン

遊戯王の魔法トラップゾーンのようなもので、ユニットゾーンのそれぞれ下に3か所あります。個人的にはぬらりひょんの孫TCGを思い出します。

ここには後述のイベントカードを置いて伏せておくことで、相手のターンにカードが使えたりします。

フィールドゾーン

 不明です。ここは完全に推測になりますが、ゲームに影響を及ぼすいわゆる遊戯王の「フィールドカード」のようなものを置いて使用するけども、ターン経過によってカード自体が移動するようなものかもしれません。

ちょっと名前を忘れてしまって申し訳ないのですが、同人TCGで同じような見た目のシステムがあって、ターン経過でそのカードを手札に加えるというようなものがありました。

エネルギーゾーン

一番下の3か所あるものがエネルギーです。ユニットを出したりするときに、横向きにすることでコストを払って召喚します。

ですので最大コストは3ということです。公開されている大型ユニットはみんなコスト3なので、間違いないと思います。

これが毎ターン手札から置いていくのか、最初から3枚置くのかは不明です。個人的には最初から大型も出せるような爽快感のあるゲームかなと思うので、最初から3枚説も十分あると思います。

→最初から3枚でした。ただしルーラーによって変わるかもしれません。

ダメージゾーン

ヴァンガードのような「ダメージを受けたときに、デッキの上から表向きでカードを置いていく場所です。

カードの中には、ここに置かれたときに発動する「CNT(カウンター)」効果を持つカードも存在します。

「CNT」は置かれたときに墓地に置かれるので、実質の1点回復です。

デッキ内の「CNT」はルーラーによって投入枚数が変わりますが、16枚が基本っぽいです。

 

カードの種類

大きく分けて3種類のカードが存在します。

「ルーラー」

このゲームの最重要カードで、プレイヤー自身となるカードです。

f:id:ichinose_tcg:20201022175736j:plain


まだ公開されていないですが、↑こんな感じで盤面の中央に置かれます。

わかりやすいやつで例えて言うと、遊戯王デュエルリンクスのキャラスキルや、バディファイトの特殊効果持ちフラッグのように、それぞれで違う固有能力が発動します。

 

ちなみに上の画像で書かれているカードの効果は次の通りです。

カード名:

ワールドドミネイター α 2020

効果:

■「初期手札」無し。
 君は、ゲーム中いかなる瞬間でも手札を持つことが出来ません。
■ドライブ2 

 

ドミネイター…にツッコみたいところですがそれは置いておいて、この「ルーラー」はおそらく体験会用カードです。

手札を持つことができずデッキの上をめくって召喚して戦います。また、ドライブというのはそのめくる枚数を表しています。

 

このカードを選択した場合の「手札が持てない」というルーラーは、実際の商品にも存在しています。

実際に現在判明している製品版ルーラーは以下の通り。

アプレンティス

運の要素で戦うルーラー。

ナイト

普通にコスト払って手札から召喚する。

ハイランダー
デッキのすべてのカードが1枚ずつしか入れられない。

 

この一番上のルーラー「アプレンティス」は、手札を持てず、コストを払わずにデッキの上からユニットを召喚します。

最初の構築済みデッキ01は、このルーラーで戦うデッキになっています。

 

また、ルーラーの効果は定期的に変更があるそうで、実際のテキストはHPに書いてあることに従うらしいです。デジタルカードみたいな感じですね。

カードにQRコードが付いているということで、ギオンズ!のような感じなのかもしれません。

f:id:ichinose_tcg:20201022181708p:plain

 

もう一つ、ルーラーには遊戯王のリンクマーカーのようなものがあります。

これは、そのカードがどのゾーンにカードを置けるかを示していて、ルーラーによってはカードを置けないゾーンが存在します。

※繰り返しになりますが明言されていないので、ただの全TCGのルールを見てきたオタクの勘です。そうだったらオモシロい、という。

「ユニット」

場に出して相手を攻撃したり、自分を守ってくれるカードです。

f:id:ichinose_tcg:20201022181835j:plain

左上がコストです。左下がそれぞれ、

「ATK」…相手のユニットに与えるダメージ

「HP 」…相手のユニットからのダメージに耐えられる量

「STK 」…相手のルーラーに与えるダメージ」

ここについてはバディファイトの攻撃力、防御力、打撃力と一緒だと思います。

 

f:id:ichinose_tcg:20201022185938j:plain

ユニットにはそれぞれ効果があります。

左上には「CNT」「TD」「OD」と書いてあります。

これはそれぞれ、

「CNT」…カウンター。ダメージからめくれた時に発動する能力です。

「TD」…タッチダウン。召喚時効果です。

「OD」…オーバードライブ。これは効果等でデッキをめくった時などで、特殊召喚(ドライブ)されたときに発動する効果です。

※ここはかなり推測が入っています。

 

f:id:ichinose_tcg:20201022190641j:plain

また、こういったカードが公開されていますが、テキストのとこに「」で表記されている能力があります。

これはおそらく、同一ターン内で一度しか使えない能力を示していると思います。「」がなければ、同名カードが複数あれば、それぞれの効果を使えるということです。

 

f:id:ichinose_tcg:20201022191849j:plain

また、このカードのようにキーワード能力が書かれているものもあります。

「ソウルガード」…デッキの上からカードをこのカードの下に置き、このカードが破壊されるときに下のカードを身代わりにできる能力です。

「貫通」…相手のセンターのユニットを破壊したとき、通常だと相手のルーラーにダメージは入りませんが、この能力を持っていると相手のルーラーにもダメージが入る能力です。このカードの場合は2ダメージです。

「イベント」

f:id:ichinose_tcg:20201022191321j:plain

こういう横向きのカードです。

このカードは場にセットしておいて、いつでも使えるカードです。

「いつでも使える」ということは、このゲームは相手ターンにもカードが使えるということですね。カードの使い方はバディファイトと近いかもしれません。

 

また、「CNT」が書いてありますが、このカードはダメージをくらったときにも発動するということを示しています。

前述のダメージゾーンで触れたとおり、デッキの上からカードをめくって発動します。

 

ゲームの流れについて

憶測でゲームの流れを書くゾ!

基本的にはメインフェイズ→バトルフェイズという流れで進行するゲームです。

メインフェイズ

  • コストを払ってユニットをプレイする
  • ドライブする(デッキをめくって特殊召喚)
  • そのほか特殊召喚
  • イベントカードをプレイする
  • イベントカードをセットする
  • フィールドカードをプレイする

などの行動ができるタイミングです。

MTG等の行動が全部メインフェイズに入っているわけではなく、メインフェイズとバトルフェイズは別になっていると思います。

バトルフェイズ

さて、メインフェイズに出したユニットで攻撃します。

攻撃対象は4つあり、「相手のルーラー」「相手のセンター/レフト/ライト」です。

攻撃は自分のユニットの「ATK」と相手のユニットの「DEF」を見比べて、高ければ倒せます。たぶん返り討ちは無いです。

 

ただし、「相手のルーラー」には、「相手のセンター」を倒してからでないとダイレクトアタックができません。

また、レフト/ライトのユニットを倒しても相手にダメージを与えられるわけではありません。ですので相手のセンターを倒すか、それともダメージは与えられないけれども横を攻撃して戦力を削るか、プレイングが試されます。

 

そして相手のルーラーにダメージを与えた場合は、ダメージチェックをします。

デッキの上(もしくはダメージゾーン)をめくって、その際に「CNT」のカードが出たら、効果が発動します。

f:id:ichinose_tcg:20201022194055p:plain

わかりやすいのは、こういう効果ですね。

「CNT」はテキストがなくてもめくれただけで実質の1点回復なので、重要な効果です。

 

これを繰り返して、先に「相手のルーラーのHP分のダメージ」を与えたほうが勝ちとなります。

 

まとめ

さて、ここまで全部見てきた方には「だいたいバディファイトでは?」という疑念が出てくると思うのですが、バディファイトよりも運の部分(言い換えればつまりドキドキの部分)が多くなっていると思います。

 

まとめとしてこのゲームの憶測のルール的な売りとしては、

  • 一気に大型が出てくる爽快感
  • 最後までわからない「CNT」システム
  • 「ルーラー」能力が創り出すゲームの幅広さ、奥深さ
  • 色に縛られない千差万別なデッキ構築

特にルーラーが最重要ポイントなので、そのバリエーションによって色んなレベルの対戦ができるのではないかと思います。

 

ちなみに余談ですがルーラーの効果で互いでルールが違うというのは大変面白いのですが、個人的にはラクルバトルカードダスUNLIMITED VSみたいに、互いのタイトルでデッキ枚数や初期手札の枚数が違って、相手がなにやってるんだかよくわからないことにならなければ良いなと。

 

【11/13追記】

実際に判明しているカードやお漏らしされているカードで、対戦してみました。

初期手札0枚(ターンごとに2枚めくって出す) VS 初期手札2枚(毎ターン2枚ドロー) のゲームなので、かなり運要素が高いです。

特に初期手札0枚運ゲールーラーは、出オチ感がはんぱなく、これずっと存在するの…という感じではありました。 

もちろんブースターのカード全て混ぜ合わせたらもうちょっと楽しいと思いますが。 

 

さて、最後になりますが、

「そこは既に出ている情報と違う」という部分があれば、ぜひ教えてください!

 

 

ではではー。

 

過去のおすすめ記事